チアシードオイル効果効能

チアシードオイルの効果効能

1 チアシードオイルのデータ

名前 チアシードオイル

学名 Salvia hispanica

科名 シソ科

使用部位 種子

抽出方法 低温圧搾法

香り 独特な香り

色 黄色

使い心地 軽い

酸化 非常に酸化しやすい

浸透力 浸透しやすい

肌質 乾燥肌、成熟肌、脂性肌

部位 フェイス、ボディーなど

ヨウ素価 204.2 

鹸化価(NaOH) 137.9

鹸化価(KOH) 193.1

ヨウ素価と鹸化価の値は下紀の成分量を計算した数値ですが、これは同じ植物オイルでも

減量の種類、地域、抽出方法、様々な条件で変化しますので数値には注意してください。

ヨウ素価と鹸化価の一覧は下気をご覧ください。

2 チアシードオイルの成分

飽和脂肪酸 10.1%

ミリスチン酸 0.1 %

マルガリン酸 0.2 %

ステアリン酸 3 %

パルミチン酸 6.7 %

ベヘン酸 0.1 %

一価不飽和脂肪酸 7.2%

ヘプタデセン酸 0.1 %

パルミトレイン酸 0.1 %

オレイン酸 6.9 %

ガドレイン酸 0.1 %

多価不飽和脂肪酸 77.8%

リノール酸 18.8 %

α-リノレン酸 58.8 %

γ-リノレン酸 0.1 %

3チアシードオイルの特長

チアシードオイルとは、人気の高いスーパフードから抽出されています。

チアの植物は、南アメリカ原産んのシソ科の一年草です。

チアから取れるチアシードは栄養価が高いので水に含むと水分を吸収してから12倍にも膨らむ

事からダイエットにもかなりの人気の植物です。

必須脂肪酸のα-リノレン酸の量が最高峰

チアシードオイルには60%近くのα-リノレン酸が含まれます。オイルの中で一番αリネンサンを含むと言えます

αリネン酸は必須脂肪酸の一つで、特に私たちにの体の中にないものなので、積極的に摂取することをおすすめします。

必須脂肪酸がいかに体に大切か、特にα-リノレン酸の必要性についての詳細は、必須脂肪酸とは?何かをご覧ください。

酸化しやすいので注意です

不飽和脂肪酸が90%程を占めるので、酸化しやすいオイルなのでビタミンEも豊富です。、多少の加熱には堪えられますが

食用として利用する場合は、加熱よりドレッシングで使用するのがいいです。

とても軽く使いやすい

チアシードオイルは、人の体にも肌に使用することも出来ます。

肌にも使用でき、チアシードオイルは他のオイルと比べて軽く、さっぱりとしているので使いやすく出来ています。

夏の汗ばむべとつきやすい季節にも、ぺトぺトした質感が苦手な人にも、使いやすいです。

えごま油に似ている

脂肪酸組成がえごま油によく似ているので、似た効果が期待できます。

大まかな違いは、えごま油の方がオレイン酸が多く(約20%)、チアシードオイルはその分リノール酸が多い(約19%)です。

大半を占めるのは両方ともα-リノレン酸です。


4チアシードオイルの効果効能

 

抗炎症作用、保湿作用、アンチエイジングな4チアシードオイルの効果効

 

アンチエイジング

チアシードオイルはアンチエイジングに向きます。大量に含まれるαリノレン酸、肌の代謝を促進せて肌の老化防止

には不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸のせい背を助けます。

保温作用

チアシードオイルは保湿作用にも優れます。肌の代謝を促進し、セラミドの生成を助けます。

セラミドは肌の保湿にとても重要な成分です。

肌を強化する

人は、年齢を重ねるたびに、肌の表皮は様々な要因になって弱くなっていきますが、チアシードは

その表皮に働きがけ、肌を強くすと言われております。

肌のくすみ改善

チアシードオイルは、肌の老化とともに現れるシミや、血行不良によって生じる肌のくすみなどを改善します。

それによって美肌が期待でき、健康的な肌を保つことができてしまいます。

炎症を抑える

α-リノレン酸は、炎症を抑える働きもあります。肌の炎症や、炎症によって引き起こされる体の不調に効果的です。

そのため、肌荒れ、アトピー、アレルギーの症状にも有効です。

コレステロール値を下げる

チアシードは、動脈効果にも有効的。血液中のころステロールも抑えてくれますので、コロステロール

が原因とされている動脈硬化のどの病気予防にもつながります。

チアシードオイルの使い方

一日小さじ半分

α-リノレン酸は、一日に1.2g以上摂ることが理想とされています

それをチアシードオイルに換算すると、一日小さじ半分の量になります。それを料理に混ぜて使用するか、

そのまま食べることにより十分な効果が得られます。
マッサージオイルとしては

チアシードオイルは、フェイスやボデーのどのマッサージオイルとしても人気です。

さっぱりとして、使いやすいのがとくちょうで匂いも気になりません。

匂いの気にされる方にとっては本当に重宝できるオイルだと言えます。

他のオイルや、普段から使われているクリームにも混ぜて使用することも出来ます。

 

明細はボチして参考にして下さい !

About konnnitiha yorosiku