PR
 

新型コロナ恐怖の感染ウイルス拡大広がる

Amazon

新型コロナウイルスは、中国の武漢市から発生してから新型コロナウイルスが転がりだしたのが始まりです。一気に武漢市全土に広がり、コロナウイルスの感染で死者も出ており、毎日のように死者数が増えている人数が報道されてきました。コロナウイルスの感染拡大を進行してから、今では、全世界に広がり、東京都でも100人以上の感染者を出しています。

毎日のようにニュースに報道され中国の新型コロナウイルス感染拡大は確実にカウントを上げていました、新型コロナウイルスの感染数は、最初の頃は1000人未満のところでしたが、他の国にも何人かの感染者が出ていたのです。

何ヵ国かに少人数で広がっていた時には、国連のグテレス事務総長は、まだ時期少々という話で終わってしまた。しかし、それは、新型コロナウイルスの本当の恐ろしさがまだ理解が出来ていなかったのです。

コロナウイルスの心の恐怖と恐ろしさを事前に分かっておられたら迷わずにすぐに本腰を入れての対策に取られていたでしょう。

コロナウイルスの拡大の一歩を歩み始めていた。日本国内でも東京都内でも感染者が一人、二人と出てはいたが、まだ国内には増えてはいなかったのです。しかし、静かな沈黙の空気の中で、コロナウイルスの静かなる猛威を振るい出すまでは、そんなに時間は、掛からなかったのです。

介護職検索
感染予防マスク
コロナ対策感染予防の協力お願いします。
ヤフーショッピング

新型コロナウイルの発生元は、一体どこから生まれて来たのでしょうか?

海鮮卸売市場が発生源だと最初は言われていたのですが、武漢華南海鮮卸売市場では、ネズミの食用肉コウモリの肉とか、色んな種類が出ていました。最初は、ネズミの肉とかコウモリの肉から出てきたと言われていました、これらの食用の肉は、値段がすごく安いので、主に所得の低い方々が食用として購入されています。

その数は、合計112種類の野生動物や希少生物が食用として売られています。種類はネズミの食用肉コウモリの肉とか、色んな種類が出ていましが、ネズミの肉とかコウモリの肉から新型コロナウイルスが出てきたと言われていたのです。

これらの食用の肉は、値段がすごく安いので、主に所得の低い方々が食用として良く購入されていたようです。中国では、野生動物を食べる習慣は、昔からありましたが、アウトブレイクの発生源になったのは、今回が初めてではないようです。

2002年頃には重症急性呼吸器症候群(SARS)が中国に中心とした大流行になり8096人、SARSコロナウイルスに感染してから世界37カ国、774人が死亡したという過去もあります。SARSコロナウイルスの感染源は、中国では最も重宝されて美味しいと言われている食材はシャコウネコが感染源としされています。

今、色んな情報が飛び交う中、新型コロナウイルスは、中国からの生物兵器という説も有り、感染拡大の中心は中国の武漢市には世界有数のウイルス研究所「中国科学院武漢病毒研究所」有ることで最大の根拠となっていおります。

確かに、中国は、隠れて密かに研究されているのでは無いかと噂されています。実際には、この、ウイルス研究所が関与したのかは、水面下で調査中です。最近の新しい情報では、蛇から人に感性した可能性が高いという見方をされています。

新型コロナウイルスの影響でマスクの在庫が品薄

中国武漢華南海鮮卸売から発生したている新型コロナウイルスの影響で世界規模でマスクの在庫切れ

武漢華南海鮮卸売市場から発生している、新型コロナウイルスの拡散で毎日のように感染者を増え続けている武漢市では、死者数の数がカウントを上げている状況です。

武漢市では、市内全体が封鎖され、感染予防のためにマスクが売れていき、ついには、在庫が無くなり、今では、日本が委託されている中国のマスク工場も生産が止まっていたのです。

中国中心からコロナウイルスが猛威を奮っている中でコロナウイルの感染予防のためマスクを買い求められる人々が我先にマスクを買いあさっている方も多いためマスクの在庫が無くなる事態になっています。

中国全国民がマスクを必要としているためマスクがどの店にいってもマスクが無くなっています。慌てた中国政府は、マスクの生産強化に乗り出している。マス工場がフル回転で24時間稼働している中、中国から生産されているマスクは、国外に持ち出すことを中国政府は禁止したのです。中国の備蓄用として警察がマスク工場を厳重な警備されています。

中国から日本国内のマスクを買い求めてきた、団体ツアー客。


日本国内からでもマスクを陳列している棚からマスクが消え、いつ補充されるか店側からでも未定と言われています。まだ、日本国内にも充分にマスクの在庫があった時、中国からマスクを買い求めて日本国内のマスクを大量に買い占めてから、中国本土に持ち帰り、中国では、どこに行ってもマスクは全て無くなっています。

コロナウイルス拡散で、中国内の工場も止まってから生産が出来なくなり、日本国内で、マスクの在庫が十分に有る地域でも、マスクを大量に買い占め、親戚関係の身内や、友達から頼まれ、マスクを送っていました、その影響で拍車を立てマスクの在庫が店の棚から消えてしまいました。

日本国内のマスク工場もフル回転で、普段の何倍も生産され、政府からの要請でマスク工場は、24時間体制でフル稼働になっていますが、それでもマスクの供給が全く追い付いていません。中国地方にも近所の店やドラックストアーに行ってもマスクの陳列棚には一つも残ってはいないです。

マスク不足の原因はオークションの転売

今、この時期にマスクが不足して大変な時に、オークションやメリカリにも大量に転売されているのです。まだ、お店には、少量のマスクが残っていたのですが、転売目的のためにわずかに残っているマスクも根こそぎ買い占めてから堂々と転売されているんですよ、みなさんどう思いますか?

中には、花粉症で苦しまれておられる人もかなり多いんです。ホント、これからの季節では、杉花粉も出てきますから、頭痛や鼻水が出たり、涙が出てきたりもしますからマスクなしでは、町も歩くわけがいかなくなってきてしまします。

それでも買い物は、お腹を空かして待っている人もいますから買い物もいかないわけは行かないですよね。

マスクの転売で2千万円も儲かった方もおられるようです。この大変な時期にもってのほかです。そんな方には、コロナがコロガルといいですね。 これ独り言ね(笑)

新型コロナウイルスは、中国武漢を中心として、世界中に広まり、感染したら呼吸器感染症の症状になり、肺炎や呼吸障害なってしまう、高齢や持病の持っておられる老人が真っ先に無くられているようです。

特に、高齢者は、持病を持っておられる方が一番お心配の種となります。今回の新型コロナウイルスの主な特徴は肺炎になることです。厄介なのは、普通の肺炎ではなく肺の周りから細胞が壊れていくので肺の中にタンなどが大量にたまることです。

高齢者は、体力が落ちていくと外に出す力もなくなり、味方である抗体が正常な細部に抗体がパニック状態になり正常な細胞に攻撃を掛けて細胞を破壊されることが一番の深刻と言われています。最後には、肝臓や腎臓の細胞が壊死してから機能不全になり最後には最悪の状態になてしまいます。

マスクの急激な不足で政府からも対応策出す

中国武漢市場から発生した新型コロナウイルスは、今では、世界的な規模で拡大してから感染者もうなぎのぼりです。コロナウイルスと言う名前は、本当に可愛い名前をしているんですが、その反面協力でたちが良くないかなっと思っています。

コロナの影響でマスク不足が深刻化しています。我が家でも上の姉がマスクを探し求めて、時間があるときには朝から、店のはしごしながら自転車で走り回っています。店舗にもいつマスクが入るのか分からないと言った状況で不定期に入荷しても入ってくるどうか分からないです。と言っていましす。

それでも、マス不足は異常なと言えるぐらい不足しています。今では、マスク工場も政府の働き掛けで24時間体制で稼働して生産されています。


マスク不足もいい加減に解消してもいいのではないかと思っていますが、それでも足りない、自給が追い付いていないのが現状です。政府も状況が把握しきれていなかったのかもしれませんが、先の予測をしっかり分析してから対応して欲しかったと思います。
デスクの前に座ってからああでもない、こうでもないという暇よりも素早い行動が優先されなければいけないです。

政府からの対応も遅いといった声も聞かれますが、確かに対応は遅いです。マスクは、医療機関や、保健所にもよく使わているのでマスクの在庫は、中国からのツアー客も本国に持ち帰るためにマスクを大量に買いあさっていましたからマスクの在庫は日に日に在庫が尽きてしまうのも目に見えています。

中国に委託している日本のマスク工場は、一時の間は止まっていたようですが、今ではフル稼働で生産んされています。しかし、そのマスクは、大量に山ずみ状態になっているにも関わらず日本には、全く入っては来ないのです。

その理由は?中国工場で生産されたマスクは、当局警官がマスク工場の門の前で厳重に持ち出しできないように警備を引かれています。

すべて中国国内の備蓄に回され、今では中国のお店では、ちゃんとマスクは備蓄されているので買うことが出来ます。しかし、日本国内ではマスクはどこの店に行っても店頭の棚にはないです。どいうしてそこまで不足しているのでしょうか??

ダイヤモンドプリンセス号・恐怖の新型コロナの隔離処置

ダイヤモンドプリンセス号、新型コロナの隔離処置は本当に正しかったのか?

豪華客船ダイヤモンドプリンセス号は、乗員、乗客3,700人を乗せて、2月4日に横浜港に着岸していましたが、その時期に中国、武漢市場から新型コロナウイルスの感染騒ぎになってから世界中を驚かせていました。

豪華客船ダイヤモンドプリンセス号には、中国を始め各国の国の方が乗船されていましが、日本でもコロナウイルスの感染水際対策で横浜港に着岸してから検査のために2週間の隔離処置が実施されていました。

豪華客船大型クルーズ船ということで、乗員が多国籍に渡ったことでテレビやニュースでもかなり注目を浴びていましたが、密集した船内の中でどのような検査や隔離処置が行われていたのか外で見守る家族や親族の方からもかなり不安を感じていたのです。

3,700人乗せたまま狭い船内の中での2週間の間検査待ちの乗員や乗客は、耐え忍びながら根気よく船内での待機をしながら新型コロナウイルス検査をしていました。

しかし、狭い船内での空間でコロナウイルスの拡散に歯止めがかからない自体になり、後、テレビでの報道で本当に政府の判断は正しかったのかと疑問視もされていました。医療機関のウイルス専門家も船内に入ってから船内の状況を観察したところ戦率を覚えたと言われています。

狭い船内の中で感染者と感染者の疑いを持つ乗客と、まだ感染されていない乗客との区分けは一応されていましたが管理が不十分との指摘されています。防護服を着たまま船内をうろついたりマスクも区域別に取り替える必要があるのに関わらずマスクもつけっぱなしの状態です。

2週間の間に感染者が何人か出始めてから更に15日間の船内の待機を余儀なきされ、その間にウイルスも拡散を続け新型コロナウイルの感染者が日増しに増え続けていたのです。他国の政府からも危機感を感じてチャーター機を日本に向けて派遣され同国の乗客を救出されていました。

検査の結果陰性との鑑定で船から出られた方も本人の判断でホテルで自主待機もされ、一度検査の結果陰性の鑑定が出ていた乗客の方がまた発熱をした後検査をしてみたら陽性の鑑定が出ていたので混乱しています。

同時期にアメリカの入港許可がもらえずサンフランシスコ沖をさまよっているのは、乗客2383人、乗員1100人を乗せたクルーズ船、グランド・プリンセスが入国許可がもらう事ができない状況です。

その理由としては、2月にこの船に乗られていた70代の男性が死亡したことによりサンフランシスコからの航海中に新型コロナウイルスに感染した可能性が非常に高いということで男性は持病があったようです。これまでの経緯では、高齢で持病の有る方が非常に死亡のリスク高いということが確認されています。

日本国横浜着岸ダイヤモンドプリセンス号は船内の隔離中の期間は、物資の不足や、医薬品の検査キットなどはヘリで運ばれていたのです。

船内の隔離中の船内の部屋は、窓やベランダのついている部屋もあり、中には、窓もない部屋におられた方は、精神の的な負担もかなりピーク状態になり、コロナウイルスに感染したときよりも最悪な状況化で船内は引き締めあっていたようです。

しかし、まだ他の方法も有ったのではないのでしょうか?狭い船内の中で、感染者が増え続け、しかも食事内容が最悪とされていました、アメリカとの比較では、アメリカでは、ダイヤモンドプリセンスの三度の食事内容は最悪とも言われ、これが精神国の日本の対応かと脳天ビックリのようです。


食事内容が悪ければウイルスに勝つだけの体力も維持することができなくなってきます。長期間船内に閉じこもっていた結果としては、まだ急速に外部の医療機関に隔離処置したほうが良かったのではないのでしょうか?

狭い船内での長期間の隔離処置は、結果的には、新型コロナウイルが爆発的に拡散され数百人の感染を引き起こすことになり、後、下船された乗客も精神的にもボロボロの状態で船を降りられていました、その後から何人かの人は、発熱で検査をされ、新型コロナウイルスに感染していたのです。

その感染している間に自由に行動が出来るのでその間に何人の人が感染しているか分ら無いということになります。

当時は、中国の武漢市場から発生していた新型コロナウイルスの実態がまだ解明されていなかったため、ウイルの癖や感染の特性が把握できてはいないと報告が出ています。。

その結果としては、今では、東京都内と北海道も感染者が爆発しています。北海道は、いち早く非常自体宣言の発令されコロナウイルスの拡散も一時は歯止めがかからない自体になっています。

いいまでは、東京都都内でもコロナウイルスの拡散は完全に歯止めもかからない状態に落ちいています。この歯止めのかからに中、これからの市民の生活一体どうなっていくのでしょうか?

各施設での臨時休業や学校や大学も臨時休校で学生や子供たちの生活が一変し、これからの子供たちの生活もおかしくなってきます。本当に深刻です。

今年の春に入学された大学生の学生も、まだ、入学してから一回も授業に出ていないと言う学生もおります。アルバイトをしながら学費や生活費を賄っている大学生の学生も少額金だけでは賄う事も出来ないので大学を退学の決断される学生も出てくるのではないかと心配しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト
プログラミング