PR
 

プログラミング教育(2020年全国小学生必修課程)


楽しく学びながら自分の力と考える力と思考力の構築は子供さんの未来の懸け橋

となります。プログラミングを学習することで世界の役にたてる存在にもなります。

社会におきましてもコンピュータは、無くてはならない存在です。

ロボット工学、人工知能、AIもたくさんの会社や病院、産業にも無くてはならないもので

今の生活を支えてくれているのはAI、人工知能が活躍いています。

しかし、どんな優秀なコンピュータでも中にプログラムが入っていなければ

ただの箱です。箱の中にプログラムを書き込んで入れたらただの箱からレベルアップして

コンピュータとしての機能が備わってきます。

最近の子供も幼稚園の時ぐらいから色んなゲームで遊ばれています。

最近の子供さんも色んなゲーム機を使ってゲームに夢中になっているのを

近くで見ていてもいきいきととした顔にはすこし驚かさられます。本当に真剣です。

時間を絶つのも忘れるぐらいゲームをしていますね。勉強だけは忘れてほしくは無いですね(笑)

しかし、2020年から全国の小学生からプログラミング学習を義務科することが文部省から

採択されています。今の小学生からでもコンピュータ室は、有りましたので少しの勉強はしていましたが

今度から2020年から本格的にプログラミング教育が義務科され全国の小学校から授業に組み込まれます。

また、小学生から、これからの可能性が開けることになり、いろんな分野での期待が出来ます。

小学生の時は、まだ、頭の中は柔らかいのですぐに興味をもち早い時期に習得されます。

子供は、ロボットも好きなのでまずは,ロボットを作ることから始められると

興味心身に目を輝かせて取り組んでくれます。

自分の制作すロボットにプログラムを書き込んでロボットが動くのを見たら

もう、それは、興奮と喜びの連続です。

お勧めするポイント

空間認識力  集中力

プログラミング、バズル、ロボット

この三つのコースが学ぶことが出来る低学年向けの教室です。

これまでは、それぞれの一つとしての教室でしたが、プログラミング、バズル、ロボット

の三つがワンセットで一つの教室で学ぶことが出来る雄一の教室となりました。

お子様の習い事に送り迎えに行くのに時間がないと言う悩みや曜日時間の調整が

難しいという家庭でのニーズにお応えできるようにと、背極的に対応できるようにしています。

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ


自考力キッズの特長

3つの習い事が一つとなりました。月3~4回の60分授業

自考力キッズは3種類の受講から6つの力が身につきます。

取り組む2年間のコースです

毎月、パズルとロボットとプログラミングの3種類のカリキュラムに

子どもたちのヤル気を引き出し、飽きることなく続けられます。

それぞれバラエティに富んだ内容のテキストが用意されていますので

安心して講義にも集中することが出来ます。

ご入会までの3ステップ

① まずは、お問合せから体験入学についてご来校ください、

② 体験授業の参加、申し込み時に指定の教室でお子様と体験してみてください。

③ 授業スタート、授業の内容を、お子様と相談して納得されましたら

授業はスタートです。

パソコンの操作されていない子供さんでも安心して授業が受けられます。

対象年齢は6歳~8歳からです。

貴方に、新しい世界の窓が待っています。

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

平成30年3月 文部科学省 小学校プログラミング教育手引(第一版)

小学校向けのプログラミング教育の手引きが完成していますが、今の段階では

どのように授業に盛り込むかまだ検討中のようです。

学校の先生でも実際にはプログラミング教育は専門外なので学校からの対応も

少しパニック気味では無いかと思います。

はじめに ~ なぜ小学校にプログラミング教育を導入するのか? 

第1章 小学校プログラミング教育導入の経緯 

第2章 小学校プログラミング教育で育む力  

(1)プログラミング教育のねらい  

(2)小学校プログラミング教育で育む資質・能力  

(3)プログラミング的思考と情報活用能力  

(4)プログラミング教育のねらいの実現に向けて  

(5)プログラミング教育の評価  

第3章 各教科等の目標・内容を踏まえた指導の考え方  

A 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの 

B 学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に

示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの 

C 各学校の裁量により実施するもの

(A、B及びD以外で、教育課程内で実施するもの)  

D クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内

で実施するもの 

第4章 企業・団体や地域等との連携(外部の人的・物的資源

どうして小学校にプログラミング教育を導入するのか?

今日、コンピュータが出来てから大きな発展とげ、人々の生活の様々な場面で活用されています。

今では、電化製品、エアコン、スマートフォンまでが人工知能搭載のプログラムを

使用されています。あらゆる機器や機械など電化製品は当たり前のようにコンピュータが

搭載されています。現在では、航空機などは全てコンピューター制御で飛ぶことが出来ています。

これからは、コンピュータのあらゆる可能性と人の命も救うことも出来ます。

今、これからの時代は、子供たちの未来に向けて、プログラミング教育を本格的に子供たちの可能性

を広げることにもつながります。プログラミングの能力を開花させ創造力を発揮して、起業する若者や特許

を取得する子供も現れています。子供が秘めている可能性は、無限です。

子供の才能を開花させ、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できます。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けるこ

とは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められる今日の社会では

これからの時代を、生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、

極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の

段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

こうしたことからこのたびの学習指導要領改訂において、小・中・高等

学校を通じてプログラミング教育を充実することとし、2020 年度から小学

校においてもプログラミング教育を導入することとなりました。

自動車をはじめ身近なものを、多くのコンピュータが内蔵され、人々の生

活を便利で豊かなものにしています。誰にとってもこれからの職業や会社のあらゆる場面で

コンピュータは手放すことが出来まい存在となってきています。

あらゆる活動において、コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報と

を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来し、すべての社会生活で、

コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ることが重要です。

コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。

端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、

命令を与えることが「プログラミング」です。プログラミングによって、コンピュータに

自分が求める動作をさせることができるとともに、コンピュータの仕組みの一端をどう理解して

どのように、自分の思ったように使えるようにするためにコンピュータが「魔法の箱」ではなくな

主体的に活用することにつながります。

小学校プログラミング教育のねらいと位置づけ

情報活用能力を構成する資質・能力

知識及び能力

普段の身近な生活の中からコンピュータを活用して問題の解決させるために

必要な手順が有ることを気遣させる、プログラミング教育を通して

児童がおのずと自然な形でプログラミングの技能を習得することが出来るようにする。

思考力、判断力、表現力

プログラミング的思考、自分が思ったように一連の流れをつく出せるには

どのような動きと組み合わせが必要であり一つ一つの動きに対応させる

力と技能を学ぶ、記号の組み合わせと記号の位置づけをどのように改善するか

で活動を通して理想的なプログラミングが組めるようにする学習効果を出す。

学びに向かう力、人間性等

学びに向かう力とコンピュータを扱うのに必要な人間性等

コンピュータの働きを通してより良い人生と社会づくり生かそうとする表現力とその態度

プログラミングに組み込まれる科目

算数、理科、音楽、総合的な学習の時間、特別活動

プログラム例題

正三角形をかくプログラム

ペンを下す

長さ100進む

右に120度曲がる

長さ100進む

右に120度曲がる

長さ100進む

スタートボタンがクリックされた時

ペンを下す

3回繰り返す

長さ100進む

右に120度曲がる

プログラミング思考とは、これらの流れを論理的に考えていく力

図形を書く上で論理的な思考力でイメージをプログラミングを組める力です。

自分で思ったイメージを頭の中では論理的な思考で組み立てられる能力と力をつける。

プログラミング的思考

1 問題を見出す

2 意図した一連の活動の実現

3 必要な動きを分けて感がる

4 動きに対応した命令(記号)にする

5 組み合わせる

6 問題の解決

思考を繰り返しながら継続的に改善する

小学生1年からのプログラミング教育は、いざパソコンに触ろうとしても

小さいお子さんの時はまだ慣れていあいのでいきなりプログラミングといてもまだ

パソコンに触ったことのないお子さんには難しいですね。


まずは、パソコンに慣れることから始めることが大切です。

いずれは、プログラミング教育が本格的に学ぶようになれば、生徒一人一人にパソコンを

持つことになるわけです。パソコンと言えば個人情報の集合体と言っても過言ではないですね。

小さいお子さんが使うパソコンなら最初は練習用に中古の安いパソコンで充分と思います。


パソコン一台でも新品で購入すれば安くても4~5万はします。

しかし、本格的に使用するパソコンならなるべく性能のいいパソコンの方が後で後悔することが無いので

なるべく、スペックの良いのがいいです。CPU、i.5~i.7のクラスが良いです。

もちろんダブレットでもWindowsクラスのが出ていますが、やはり普通はパソコンの方が

使いやすいです。

最初は、お子さんも、まだ小さいことだし練習用のパソコンで中古なら1万円ぐらいで

有ります。練習用なら丁度いいですから、キーボードの練習には申し分ないし

音楽やビデオも楽しめます。

最初は、子供さんにどんなパソコンでも触れさせてあげることが大切だと言えます。

小学校からプログラミング教育が義務化されるならまずは準備してあげましょう。

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ