PR
 

全世界の新型コロナウイルスの戦争は、こうして始まったのです。

Amazon

中国武漢市から発生していた、新型コロナウイルスは、感染拡大に至るまで、武漢市では、一体何が起こっていたのでしょうか?最初に新型コロナウイルスの感染の脅威に恐れて医師から2019年12月16日に医師の医師の警鐘を鳴らしていたのです。コロナウイルスに感染すると、高い、高熱が出て肺炎になり命の危機にさらされると強く訴えたのにかかわらず武漢当局によって何でデマを流すのかと脅かされ、警鐘を鳴らした医師と7人の関係者に圧力を掛けられて拘束され、武漢市にコロナウイスの爆発的な感染を引き越すことになったのです。最初は、医師が警鐘を鳴らした、医師の言葉に耳を傾けていたら風土病だけで、ここまでの爆発的な感染は怒っていなっただろうとも言われています。

介護職検索
感染予防マスク
コロナ対策感染予防の協力お願いします。

新型コロナウイルの戦争は、こうして始まりました。

皆さんこんにちは、サイトの訪問有難うございます_(._.)_皆さん、今は、どんな気持ちで過ごされていますか?東京都の皆さんは、本当に窮屈な生活です。右を見ても、左を見てもコロナウイルのことで、さぞ不安んな生活を送られていたり、お店の方は、余儀なく、

政府からの自粛要請で、営業もできないありさまです。お店の経費をかなり大変なお気持ちでおれるとでしょう。今、世界中で、大混乱を巻き起こしている、新型コロナウイルス戦いは、どうして始まってきたのか、今では、世界中知らない方はおられないですね。

新型コロナウイルスの戦い、いや、もうコロナウイルスとの戦争です。2020年代のコロナ戦争です。、今では、世界中で、新型コロナの感染の脅威で毎日、毎日感染者を出して、コロナの感染で急性肺炎を引き起こして毎日、毎日、大勢の人たちが無くなられています。

世界を始め、日本もコロナ戦争のど真ん中に入っています。日本、東京都でも毎日、平均100人以上の方の感染が増えだしています。

この新型コロナウイルスは、かってないほど、人類が経験したことのない最強の脅威でもあり、本当に恐ろしいウイルスです。

いかに恐ろしいウイルスか、全世界も身をもって実感されていることでしょう。数字が数数十万人と毎日跳ね上がっている状況です。

今、日本の政府も、思い腰を上げてやっとかと、思いたくなるほどの時期に日本全土に緊急事態宣言が発令されています。しかし、中国や韓国に比べたら制限が緩いし、甘いと言うのが実感ですね。

いくら、日本全土に緊急事態宣言を引かれていても、今の感染者は下がることは無く、逆に感染の増加の歩みを歩いています。いくらでも増えそうですね。

もう、ここまで来たら、開き直りではないでしょうか?新型コロナウイルスの脅威の隣でコロナ戦争との戦いで、常に隣あわせの死活生活を送り続けないといけないわけです。

政府からもしっかりとした対策をとっていただかないと国民も不安です。国会議員も安全なところで居座って給料だけは100万以上頂かれておられます。

今では、医療機関でも大変な事になっている中、議員の給料も月何百万円単位もぬくぬく貰っていないで回すべきではないのでしょうか?

この問題も、テレビんどでも強く報道されています。国民の税金で議員は、給料をいただいているわけです。国家の非常事態の時には、惜しみなく差し出すのが人としての道理ではないでしょうか??

新型コロナウイルの戦いの始まりは、中国の武漢市から始まってきました。

新型コロナウイルスは、当初感染の確認がされていた時には、初期段階において、風土病として警鐘を鳴らしたのに関わらず、中国当局は、医師と、その他7人の関係者に口封じをし。中国当局はデマを流したして拘束されていたのです。

その後、一番目に武漢で感染爆発が起こり、慌てた当局は、武漢市封鎖の処置をとり、世界に広がった新型コロナウイルス、感染症の正式名称は「COVID-19」武漢、新型コロナウイルスと名づける理由が有り、当局が医師、その他7人に口封じした7名にデマを流したとして拘束されていました。

初期対応が遅れたために「パンデミック」となったのです。きっかけと責任は、トレンド初期段階で、情報を隠蔽した中国当局にあると言われています。当初から感染の確認していた医師の警鐘を鳴らした時に初期対応していたら、武漢市だけで抑えられていたとされています。

最初にコロナウイルの発生に気が付いた、アイ・フエン医師とその他の7名は、
コロナ感染が広がることを恐れて警鐘を鳴らしたのにかかわらず中国当局に拘束され、その後アイ・フエン医師もコロナの感染で亡くなられました。

コロナウイルス発生当時、中国武漢で何が起こっていたのでしょか?

当初、コロナウイル感染によって起きた症状は、肺炎でした、しかし、中国当局は、固く口封じをされ、強い圧力を掛けられたのです。

新縣コロナウイルがヒト、ヒトと感染を初めて公式に発表さていたのが、2020年1月23日で、それは、あまりにも遅かったのです。初期段階で、感染を阻止する時間が有ったのにも関わらず、発表された時には、あまりにも遅すぎたので、感染爆発を防ぐための時間が無駄にされていたのです。

最初に医師の警鐘を鳴らしたのが昨年の12月16日武漢市中心病院救急科主任のアイ・フェン(艾芬)医師です。中国共産党系人民出版社傘下の月刊誌『人物』に掲載されていたのですが、発売と同時に回収された後に、インターネット掲載記事も2時間後に削除されたのです。

新型コロナ戦争の始まり。

2019年12月16日漢市中心広場に有る病院南京路分院の救急科に運び込まれていました、原因不明の高熱が続き、あらゆる治療薬の投与したのにも関わらず、全く効果が見られ無かったのです。

12月22日呼吸科内科に移して(略)検体サンプルを外部の検査機関に送ったところ、コロナウイルスに感染していたことが判明したのです。

病院を管理する同僚からコロナウイルスと告げられてから、何度も耳元で報告しました。と、強い口調で告げられ、その後になって患者は武漢市市場で働いていたことが分かったのです。

その後、多くの高熱を出した患者が速出しだしてから12月27日、一人の患者が何京路分院に運び込まれ、ほかの病院で治療を受けても症状は全く、良くならなかった。

12月30日昼、病院で働いている同級生がしばらく華南(海鮮市場)には近づかない方がいいよ。最近、多くの人が高熱を発していると、知らされてようです。

しかし、同級生は、本当かなと少し疑っていたようですが、パソコン診断していた肺感染症患者のCT検査の11秒ほどの動画を送信し、午前救急外来で来られた患者は、華南海鮮卸売市場で働いていたとのメモを残され、肺感染症患者のCT検査の11秒ほどの動画を送信ていた。 その日の、午後4時頃に病院の同僚がカルテを見せに来たのです。

ARSコロナウイルス、緑膿菌、46種口腔・気道常在菌」と書かれていたカルテに私は、何度も読み返して、SARSコロナウイルスは一本鎖プラス鎖RNAウイルス。このウイルスの主な感染は近距離の飛沫感染で、患者の気道分泌物に接触することにより明確な感染性を帯び、多くの臓器系に及ぶ特殊な肺炎を引き起こす。

SARS型肺炎」と注記されていることを確認していることに私は、明確な確認が出来たのです。驚きのあまり、全身が震えだし冷や汗が出ていた。患者は、呼吸科内科にに入院しているので直ぐに情報が回ってくるのだが、それでも念を入れて電話をしてみた。

呼吸科内科のドアの前を通った時に主任医師を部屋に呼び入れてカルテを見せ、これは大変だなことです。医師は、本当に面倒なことになるかもしれないです。

アイ・フェン医師がSARSコロナウイルス、緑膿菌、46種口腔・気道常在菌」という箇所を赤い丸で囲んだで、救急科の医師グループにもウィーチャットの画像共有アプリで発信し、皆に注意を促したのです。

大学の同期の仲間にも原因不明の肺炎患者のウイルス検査報告を入手したアイ・フェン医師が、「SARSコロナウイルス」と書かれた箇所を赤丸で囲み、同期の仲間が送信したキャプッチャ画像が、「警鐘」の発端となったのです。

12月30日午後10時20分に病院を通して武漢市衛生健康委員会に通知が送られ、市民のパニックになるので、肺炎について勝手に外部に流したら全ての責任を追及すると言う内容が、通知されたので医師は恐ろしくなったので、その内容も仲間に送信したのです。

1月1日、午後11時46分、病院の監察課(共産党規律検査委員会の行政監察担当部門)の課長からの連絡で出頭の命令が出た。医師たちが、全ての情報をもとにしても、かってにデマを流すのは一体何のためなのか?と、強く怒鳴られていたのです。

全てのスタッフに対しても全員デマを流すなと言って、新型コロナウイルスの急性肺炎の情報も絶対に、どこにも流すなと、固く口留めされてウイルス感染の重大せも封じ込まれ、アイ・フェン医師は失脚さられたのです。

結果的には、病院内ですらウイルスの情報が隠蔽され武漢市中心病院内では、ウイルスの蔓延で大勢の医師とスタッフの感染者や死者も出ており、まさに病院内は地獄となっていたようです。

中国市民がついに立ち上がった。

3月10日、中国共産党系人民出版社傘下の月刊誌『人物』に、武漢市中心病院救急科主任のアイ・フェン(艾芬)医師のインタビュー記事のがっ掲載されていましが、その直後インタネットの記事も2時間で全て消去され、発売直後に直ぐに中国当局から回収されています。

義憤を覚えた市民たちが、外国語、絵文字、甲骨文字、金石文字、モールス信号、点字、QRコード、あらゆる手段を駆使して世界に発信されたのです。

新型ウイルスの流行拡大にいち早く警鐘を鳴らし、他の7名とともに地元公安当局から「訓戒処分」を受けた眼科の李文亮医師も、武漢市中心病院の勤務医で、その後自身もコロナウイルス感染でお亡くなり世界中で衝撃を受け、世界で初めて、武漢市で真っ先に告発された医師の悲劇として、全世界に衝撃が駆け巡ったのです。

各国もすでに情報が流れ、一体中国の武漢市では、何が起こっているのか、武漢でこれだけの人数が感染拡大しているのはなぜか?

とうとう中国当局からも隠し切れなくなり、世界に向けて発信されてからその後、新型コロナウイルス感染阻止として、武漢市内の封鎖処置をとられました。

最初のコロナウイルス感染の発覚に気づいた医師たちの無念の涙

医師たちは、こう告げられていました、最初に気が付いた時には、もうこうなると分かっていた、それなのに、どうして防ぐ事も出来なかった、2019年12月16日頃から対策を取られていたのなら、ここまで武漢市でも爆発的な感染は、食い止めることが出来のではと、悔し涙です。

この時には、すでに世界に広がる兆候も有ったので、医師の判断だけで行動をとられていれば、まだ世界に新型コロナウイルスの爆発的な感染を食い止めることが出来たのではないのか?国家当局の圧力で何も出来なかったし、亡くなられた医師やっスタッフに対しても悔しい気持ちでいっぱいです。

コロナウイルス感染予防でマスクの在庫が世界的に不足

コロナウイルス感染予防のためマスクの在庫個が一気に消えてしまっています。最初は、中国からのコロナウイルスの感染が爆発的に増えてきた原因で市民が、マスクを買い求め、中国国内からマスクが消えてしまっていたため、中国のツアー客で日本に来られた観光客が日本で買い物をしている時にはマスクを大量に買い求めていました、買い求めたマスクは、中国本土に持ち帰り親戚や家族のためにマスクを調達にしています。

同時期に日本国内でも、新型コロナウイルスの感染が出てきた頃に日本国内からもマスクが消えてしまいました、慌てた政府は、各マスク工場にに対して量産の要請が出ました。

マスクの在庫が各店舗の棚から全て消えていく頃マスクの転売のために少数残っていたマスクも根こそぎ買い占めたためマスクの在庫がすべて消えてしまい各メーカからの発注は止まり小規模店舗にもマスクの入荷は止まってきたのです。

一気に世界的にもマスク不足が続いていたのですが、各メーカもマスクの生産を24時間体制でフル稼働でマスクの生産がおこなわれ来たのです。今では、今までマスクを一度も作られていないメーカからマスクの生産を乗り出しています。

マスクの転売は、高額な高値で取り引きされているので、政府も腰を上げてマスク転売禁止法の法令を新しく取り入れてからは、マスク転売の罰則の対象となっています。マスク転売は多い方で、2千万円以上の荒稼ぎされておられる人もいました、マスク不足すると皆が困ることになるので人としては、もう少し考えてほしいもだと思いますね、

中には、花粉症の方も大勢おられるので、スギ花粉が飛んで来たら、花粉症の方には、本当に辛い思いをされます。

今でもマスクの生産は、日々フル稼働で生産されて今が、どうしても病院や、医療関係者のところには、中心的に行き届かないと困りますので最優先で備えてほしいです。

今、私たちの一番大事な医療関係者にもコロナウイルスに感染されています。医療の崩壊にもつながる大変な事態で、看護婦や医師には十分な配慮も必要となってきています。マスクや医療用のガウンなども不足しているので政府からも対策に乗り出しています。

マスクは、まだ、一般のお店や、諸規模店舗には、今だにマスクの入荷は入ってきそうも無いようです。今では、ネットショップしか手に入りやすいようです前よりは値段が上がっていますが、ネット通販なら在庫が有るときには、普通に購入する事が出来ます。マスクの在庫と消毒液だけは、普段から備えておきましょう。

これからも、コロナとの戦いは、長く続きます。皆様も、3蜜の体制で頑張ってください。

自宅待機での生活、臨時休業で家の中に閉じこもっている子供

ピコットタウン

ピコットタウン

GameOn Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

手洗い、うがい、人との距離を保つ、感染予防にマスクは、しっかりと付けられてから消毒と手洗いは、こまめにしていきましょうね。

これからも、コロナ戦争の戦いは、長いです、もしかしたら今が、始まったばかりではないのか?と、思う次第です。皆様も高齢者や子供たちをしっかり守ってあげて下さいね。本当にこれからは辛い日々の戦いです。


今は、子供たちも学校は臨時休業になっていますが、未来の人材の教育も親の責任です。自宅で、とじ困ってゲームばかりではいけないのでしっかりと見て行きましょう。これからも気合を入れて見えない敵、コロナ戦争に備えて日々の健康管理はには注意していきましょう。

見えない敵と、世界に向けてコロナ戦争の幕が開けたのです。

これから、日本も、世界中の国々がコロナ戦争に対して国を挙げて戦っていかないといけなくなったのです。敵は、見えない敵で人類の存亡がかかっています。しかも、敵は、賢く感染能力が数段と上げながら進化して、人々をコロナウイルスの感染を起こし、急性肺炎で患者の命を取られています。

今では、世界中で爆発的な感染が拡大しているので、人工心肺も世界中で足りないありさまで、助かる命も救うことが、出来なくなってきています。今や、医療崩壊の一歩を確実に歩いている状態です。

命の選別も行われても不思議ではないです。

重要人物と、無職で仕事も出来ない人物、どちらの命を選ぶかと言えば言うまでもないかもしれませんね・・・少し怖いです。

日本を始め、世界各国で緊急事態宣言を発令され企業の自粛要請、子供が行かれている学校の臨時休業も入っています。各国からも、そういう動きも出ており、都市封鎖処置や、外出制限の処置も取れています。企業も活動停止しているので、経済も状況が日に日に悪化している状況です。

地球全体の危機です。これまで人類が経験したことなないコロナ戦争と日々対策をとりながら戦っていかないといけないのです。まだ、始まりの一歩かもしれませんね。

最初は、今年で終わるのかと思っておりましたが、新型コロナウイルスは、感染から収まってから陰性の検査結果が出た後にいつの間にか感染をしていたり、感染していても症状が出ないため、本人も全く気が付いていなかった人も、かなりの人数の感染が確認さています。

人間の裏をかきながら巧みに感染を広げていますので、コロナウイルスは、本当に恐ろしいとしか言いようが有りません、これからもコロナとの戦いは続いていくでしょう。とにかくワクチンが完成するまで時間を稼ぎながら耐え忍ぶしかないようです。

新型コロナウイルスは、中国のウイルス研究所からの流出の可能性

今まで、新型コロナウイルスは、2か月以上にわたり、コロナウイルスのあらゆる情報を見ています。コロナウイルスの性質は、普通のウイルスとは違うのではないのかと言う疑念が出てきています。米中からも中国のウイルス研究所からの流出ではないのかと言われ、今調査をされているようです。

これは、個人的な意見で誤解を招くような発言は、慎みたいのですが、どうしてもコロナウイルの遺伝子に手を加えているのではないかと言う疑念は出てきます。コロナウイルの感染威力と、巧みな感染の広がり方は普通ではないような感じに思われます。
皆さんは、いかが思われるでしょうか?少し気になられている方もおられかと思います。

こちらがコロナウイルスの侵入経路になります。

引用:国立感染研究所

MHV と SARS-CoV の細胞侵入経路:
MHV は受容体 CEACAM1 に結合後,細胞表面から細胞内へと侵入する(詳細は図 3 を参照).一方,SARS-CoV は ACE2 に
結合し,endosome に輸送され,酸性環境下で活性のあるプロテアーゼ, cathepsinL により S 蛋白の解裂及び細胞融合活性が
誘導され,endosome から細胞質内へ侵入する.

引用:国立感染研究所

引用:画像 国立感染研究所

コロナウイルス細胞侵入の分子機構:
MHV と SARS-CoV は細胞侵入経路及び S 蛋白の融合活性化機構は異なるが,活性化された膜貫通性 S2 による膜融合は同じ
メカニズムで起こると推測されている.MHV では S1 が受容体に結合すると S2 から遊離し,それに伴い S2 に存在する FP が
露出し,標的細胞膜に挿入される.その後 S2 の構造変化(6 helix bundles の形成)が起こり,隣接したウイルスエンベロー
プと細胞膜の融合に至る.SARS-CoV-S 蛋白は endosome 内で解裂を受け,FP が endosome 膜に挿入され,エンベロープと
endosome 膜の融合が起こり,細胞侵入すると考えられている.

引用:国立感染研究所

まとめ

  • 新型コロナウイルの発生源は、中国武漢市からの発生
  • 新型コロナウイルスの最初の発生は、中国武漢市、2019年12月16日頃に発生しています。
  • 新型コロナウイルスが、公式に発表されたのは公式に発表さていたのが、2020年1月23日
  • 新型コロナウイルスの感染が確認されてから、中国当局のからの強い圧力で口封じされいた。
  • コロナウイルスの感染症状の始まりは、高い高熱、味の味覚不良、嘔吐、下痢」
  • コロナウイルスの感染症状は、高い高熱から肺炎から重症化しています。
  • コロナウイルスに感染しても無感染の状態で感染が広がっています。
  • 新型コロナウイルスの感染は、持病を持っておられる方や、高齢者の方が高い確率で命を落とされる危険性が高くなっています。
  • 日本全土で緊急事態宣言が5月6日までの期限に発令されている。

新型コロナウイルスの感染拡大は世界各国まで感染拡大が、2,564,515+86,362人で死者数は177,466+7,142人に拡大4月22日現在

新型コロナウイルは、中国のウイルス研究所からの流出の疑惑が有り、水面下で捜査されている

中国は、ウイルス研究所からの流出でなくても、情報の隠蔽や正しい情報を隠していたため各国に対して賠償責任の追及が予想される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト
プログラミング