PR
 

緊急事態宣言解除後の新しい営業戦略に安心して使える電子マネー決算

Amazon

各県や一部の都市で緊急事態宣言解除後コロナウイルスの影響で営業自粛してからかなり打撃を受けられているお店も多いです、緊急事態宣言解除後の各店舗やお店も営業のスタイルも変わっていき感染予防のため、お店側とお客様との現金を直接手渡をしないことでひまつ感染の予防対策に力を入れられいます。シンプルなカード決算、無料登録で端末維持費無料で、便利な電子マネー決算で、これからの新しい会計処理のスタイルが変わっていきます。

介護職検索
感染予防マスク
コロナ対策感染予防の協力お願いします。
ヤフーショッピング

緊急事態宣言解除後これからの未来戦略




全国に緊急事態宣言が発令されてから2週間過ぎたところで感染者の人数は減少しているようです。5月17日から一けた台の数字が出てからコロナ感染者は本当に少なくなったのかな、と思いました。それでも一桁の数字で喜んでいるわけにもいきません。

確実に毎日のようにコロナ感染者は出ており毎日のように亡くならっれた方もいます。まだまだ、これからは、コロナウイルスとの付き合いは長く続くようですが、絶対につき合いたくないですね。やはり三つの蜜の予防対策が良く効いてきていると思います。

イベントの自粛やイベントの自粛などでかなりの規模で自粛要請も出ておりました。気の毒なのは、小規模の事業者や小売の店舗です。家賃も払えず毎月の倒産が続いています。緊急事態宣言延長が確定したときには、ニュースを

聞きながら廃業の決断をされた店主の方もおられます。今まで昔から歴史のある市店もコロナウイルスの影響で廃業に追い込まれたお店も数多いです。

全てがコロナウイルスによって変化していき変わっていきつつあります。もう二度とあのお店の味は、味わうことが出来ないのかと廃業によって惜しまれているお客さんもかなり多いはずです。

もう一つの変化、お客様の決算方法も変わる時代




安倍総理は、5月14日に緊急事態宣言が39県解除に踏み切り、新しい日常のスタートをアピールされています。県ごとに解除したり解除されていない県などは、県をまたいでの移動は、大きく制限しないとコロナウイル第二派が訪れてくるのが懸念されています。それでも岩手県は、不思議なことに一人の感染者も出していはいないことです。これには驚かされます。県をまたいで人の出入りが始まりますと大変な事になります。

緊急事態宣言解除によって今まで自粛要請の出ておられた店舗も次第に動き始めています。

今までお店の倒産を何とか避けることが出来たお店も息を吹き返し、営業の準備をしている店の営業の仕方も変わり、お客様が買い物したときに支払うお会計は、全て電子マネーやクレジットカード決算のみとなり現金での手渡しはなくなってきています。

コロナウイルス感染予防対策として直接お店とお客様の現金の手渡しは無くなり全て電子マネー決算に変わっていく模様です。

キャッシュレ決済なら消費税還元事業から5%は還元されていくのでお客様やお店側も存することのなく決済が出来ます。

島根県の出雲大社も全て現金の手渡しは無くなり電子マネー決算でないと何も買え無くなあってきています。

新しい時代の現金以外での決算手段として日常的に使われるようになりスマートフォンと電子マネーとの

相性が近年良くなってきていることでさらに現金以外での決算手段として多くの人から使われるようになり需要がさらに伸びてくると期待されています。

【新規限定】今だけカードリーダー代が実質無料に!

キャッシュレス決済のメリットデミリット


キャッシュレス決済は、クレジットカードから引き落としで良く使われちいるのですが、クレジットカードからは、使いたくない方やクレジットカードを持たれていない人でもデビットカードからでもキャッシュレス決済が出来るのでとても便利な決算が出来ます。

デビットカードとは、ネット銀行から普通に口座の申し込みしたときに申請することが出来ます。デビットカードからキャッシュレス決済した金額は直接口座から引き落とされます。

普通のクレジットカードと違って手軽に入金してから直ぐにキャッシュレス決済が出来て、ネット通販からの買い物も出来るので、とても便利に使用できます。

ネット銀行は、ジャパネット銀行、あおぞら銀行、7銀行、ゆうちょう銀行など使用できます。まだ他のネット銀行も有ります。

キャッシュレス決済のメリット

消費税還元事業で政府から5%の還元の政策がされていますが、消費税増税後にもお得に使う事が出来ます。dポイントやPayPayからの決算も増えてきています。

今年は東京オリンピックが開催される予定でしたが、それに合わせてから政府もキャッシュレス決済の促進に力を入れて、一気にキャッシュレス決済が加速し出してきています。

もう一つのメリットは、現金を持ち歩かなくてよいことです。いくら現金を持ち歩かなくても良いと言ってもどうしても現金は持って歩かないと不安を感じられて心細いです。

しかし現金以外でしたら買い物の時に財布を開けなくてもスピーデな決算が出来るので時間も短縮でき、小銭も増えることが無いです。

使った金の管理が全て見える

購入した物や食事のお会計の金額の流れがよく分かるので家計簿の代わりにもなります。

後で、この金額は何に使ったのかと悩む必要もなくなってきます。

キャッシュレス決済のデミリット

キャッシュレス決済は便利で手軽にに使えてお得ですがデミリットも有るので把握しておいた方が良いです。お金を使っている感覚が薄まる

キャッシュすレス決済で商品を購入したりコンビニで買い物していますとどうしても手元に現金が無いのでつい、使いすぎてしまう事も有ります。普段からこの日は出かける予定が有るときには、いくらの金額をチャージするのかあらかじめ決めておくと使いすぎの防止にもなります。

足らなくなればチャージして補充出来ます。普段の生活の中でも一日の予算を決めておくのも良い方法です。

アカウント作成は無料、月額固定費などもありません。

端末維持費も無料!必要なのはスマホとダブレットだけです。

比較的に審査も簡単で早くご利用が出来るようになっています。

キャッシュバック兼用でリーダ代金も無料です。

初期費用も無料で決算手数料無料でポイントは、翌日に現金で入金されます。

必要なのは、モバイル端末とアプリだけです。

最短当日でカード決済導入!

災害時に使えなくなる可能性も有ります。

キャッシュレス決済は、電気と通信によって使用するので固定のWi-Fiの通信障害が起きた場合には使えなくなる可能性も有ります。QRコード決済なら消費者のスマホに電波が繋がれば決済も可能です。

使えるは加盟店のみ

文字通りキャッシュレス決済は加盟店として登録しているお店しか使用することが出来ません。クレジットカードは、ほとんどのお店で使用することが出来ますが、キッシュレス決済は、消費税還元事業者の申請もしないと政府からの5%還元は受けらなくなります。

キャッシュレス決済は、今では政府からでも後押しされているので、加盟店は急速に拡大しています。

再度現金化が難しくなる。

チャージする時にまとめてチャージする方もおられると思いましが、一度チャージしたら再度の現金化が難しくなる点です。

新型コロナウイルの感染拡大によって各事業者や、商店街の店舗の営業の仕方が全て変わってきています。緊急事態宣言解除になった各都市や県では、店舗の会計処理も現金の手渡しが無くなりつつ感染予防のためお店の会計も電子マネー決算になり、お客様が自分で処理するのでお店側の接触も無くなります。

これからの営業に向けて、電子マネー決算に掛かる費用は無料で使用できますキャッシュレス決済の手数料無料、端末維持費も無いのでこれから営業を進められるオーナ様にもぜひ、検討されてみて下さい。


アカウント作成は無料、月額固定費などもありません。

端末維持費も無料!必要なのはスマホとダブレットだけです。

比較的に審査も簡単で早くご利用が出来るようになっています。

キャッシュバック兼用でリーダ代金も無料です。

初期費用も無料で決算手数料無料です。お客様が使用されたポイントは、翌日にはお店の口座に現金として振り込まれます。

必要なのは、モバイル端末とアプリだけです。


まとめ

  • これからの時代には、キャッシュレス決算は不可欠となります。
  • アカウント作成無料、無料登録で申し込みも簡単、毎月の維持費も無料です。
  • コロナ感染予防対対策にも効果的。
  • 直接の現金の手渡しが無いのでひまつ感染も防げる。
  • 電子マネー決算が無料で直ぐに出来ます。
  • 決算手数料無料で翌日には現金でお店の口座に振り込まれる。
  • スマホとダブレットが有れば電子マネー決算が出来る。
  • 使用する場所を選ばない、公園でお店を開いても決算手続きが出来る。


     

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト
プログラミング