PR
 

鬼滅の刃壮大なストーリの展開

Amazon
Xサーバ

鬼滅の刃が発刊してから爆発的な人気で今では、子供から大人まで一度読みだしたら知らぬ間にはまっていることに気が付かないで読みふけっている方がたくさんおられます。それほどの魅力を持っている鬼滅の刃、皆さんは、どこにひかれていくのでしょうか?今では、コロナでも吹き飛ばすほどの勢いで人気を集めています。

介護職検索
感染予防マスク
コロナ対策感染予防の協力お願いします。
ヤフーショッピング

鬼滅の刃第1ま巻 始りのストーリ

始まりは、タンジロウが幼い子供たちやお母さんのために町に炭を売りに行くところから始まり、丹次郎が雪山のふもとにある町まで歩いてかごの中に炭を一杯積み込み山を下りて行た。

丹次郎は町に着き、町の人からは、タンジロウは、よく名前の知られているので町中で声をかけらています。一人の町の子供が、皿を割ってお母さんに怒られているので助けを頼みこみ、タンジロウのの元に駆け寄りだしていたのです。

町の人からは色んな用事を頼まれ、山からもって下りた炭は、全部売れて嬉しそうに雪山を上って家に急いで歩いていたのですが、いつの間にか日が沈み夜更けになっていたのです。

帰る途中に山小屋の傘はりをしている町浪人に声を掛けられ、タンジロウこんな夜に山を登るのは危ないから今晩ここで止まれと丹次郎に叫んでいた。

タンジロウは、一度立ち止まってから考えだし、早く兄弟の元に帰らねばと頭をよぎっていた様子でした。

町浪人は、こんな夜に山を登ると鬼が出るで、今晩はここに泊まりなさいと、浪人は叫けんでいたのです。

タンジロウは、それに同意して今晩は山小屋に泊まることにして朝早く帰ることに決めました。

タンジロウは、朝早く兄弟の待つ家に急いで走りながらお母さんの待つ家に足りながら家に向かっていたのですが、家が見えてから近くになると・・・・

うん!  この匂い  血?

タンジロウが家に近づくとすごい胸騒ぎをし、言い知れぬ不安感と恐怖を感じ取り家に近づいていったら家の外にネズコと兄弟が一緒に血まみれで倒れていた、家の中に入ってタンジロウが目にしたのは、我を忘れ絶句していたのです。

どうして?どうして?こんなことに・・・・

家の中には血で染まりお母さんと兄弟4人が血で染まり折り重なるように倒れていた。あまりにもむごく残忍な殺し方で、タンジロウは、お母さんや兄弟に必死に呼びかけても声は出てこなかったのです。

ネズコだけがまだ暖かい、タンジロウは、ネズコを背中に負ぶって山を駆け下りたのです。

早く町医者に見せないといけない、タンジロウは、凍り付くような凍てつく空気の中で苦しみながら必死でネズコを負ぶって山を駆け下りていった。

タンジロウは足をつネズコと共に山の中で転がりだした、そこでネズコは、タンジロウに一瞬食われかけタンジロウは、必死にネズコによびかけ、ネズコは、叫びながら涙を赤い目から流れ落ちていたのです。

その時鬼狩りの剣士がすごい速さで山を走ってきた、その時剣士は刀を抜き、タンジロウはの背中に向けてネズコに刀を振り下ろした時にネズコを横に転がしながら抱きかかえていたのです。

読んだ感想としては、〇です

最初の1巻からの感想としては、すごい迫力で目の中に飛び込んできていました、ストーリも話の内容も心に引かれる魅力を感じています。鬼になった兄弟ネズコと共に鬼退治の幕が開けたのです。これから展開するストーリは、本当にすごい、魅力的な感じで誰も読みだしたら止まらない、心を奪われることに間違いないでしょう。


amazonn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト
プログラミング