PR
 

ふるさと納税・貴方の故郷に納税をして活力を与えよう!

ふるさと納税

貴方の故郷にふるさと納税をして活気を取り戻してみましょう。

ふるさとから遠く離れて何年もよその土地で生活されておられる方も

自分の故郷をたまに思いだすことです。

故郷におられた時の近所のかた、学校時代のお友達や色んな思い出も有ります。

ふるさとを思い出したら、貴方の故郷に、ふるさと納税をしてみて下さい。

懐かしい故郷に、ふるさと納税をされた方もおられると思います。

猪鍋

季節でいかなる味わいのある猪鍋はとてもおいしく肉の食べ応えが

有ります。冬の猪は、いろんな木の実をたくさん食べているので上質な

脂身をたくわえながら育っています。味付けは地元産の味噌とニンニクと

ショウガ、一度は、味わっていただきたい上品な味で仕上げています。

その理由は、2018年9月11日、野田聖子総務相が制度の見直しを検討しています。

返礼品競争でかなりの過熱化しているためブレーキをかけて、返礼品を3割以下の目標を

各市区町村にたいして通達を出している、ふるさと納税の返礼品は地方によっては5割ましでの

返礼品もあり、返礼品目的での寄付が増加しているためで、3割を超えての返礼品が多いことに

かなりの問題視されてきている。

どうしてそこまでに寄付が過熱化してくるのか。

ふるさと納税で、寄付金に対して、-2,000円を引いた金額は全て税金の免状に適用され

自分で、普通に税金を払うよりはかなりのお得な買い物になります。

その理由は、2018年9月11日、野田聖子総務相が制度の見直しを検討しています。

返礼品競争でかなりの過熱化しているためブレーキをかけて、返礼品を3割以下の目標を

各市区町村にたいして通達を出している、ふるさと納税の返礼品は地方によっては5割ましでの

返礼品もあり、返礼品目的での寄付が増加しているためで、3割を超えての返礼品が多いことに

かなりの問題視されてきています。

ふるさと納税で、寄付金に対して、-2,000円を引いた金額は全て税金の免状に適用され

自分で、普通に税金を払うよりはかなりのお得な買い物になります。

どうして、そこまでにふるさと納税から、返礼品で加熱してきているか、その理由は

こうです、皆さんの普段の生活の中でどうしても住民税や所得税は逃れることが出来ません。

しかし、ふるさと納税は、税金の対象になるので、住民税、所得税の前倒しで払う税金の対象になります。

ふるさと納税は年収200万円以上の方が対象でふるさと納税の金額3割の返礼品はいただけることになります。

貴方が払う市の税金は、住民税と所得税は必ず払う義務が発生してきます。ふるさと納税は

その税金の対象となるので貴方の故郷に納税しいしたら、その分は貴方の税金を免除してもらえます。

その分は、貴方が市に支払う税金の前倒しで支払うことになりますから大変お得な方法です。

貴方の、故郷に納税されることで、ふるさとも助かります。貴方の税金も、ふるさと納税した金額の

1万円を納税したと仮定をしますと、1万円からー2,000円は自己負担額で、残りの8,000円は税金として

免除されます。ふるさと納税した金額の3割は返礼品として貴方のもとに戻ってくる仕組みです。

考えによっては、損はしないです。その分は税金の免除になり、3割の返礼品でお得になります。

税金の免除になり、ふるさと納税の金額の3割はお礼とせて返礼品が貴方の所に帰ってくる仕組みです。

ふるさと納税を知るステップ  ← クリック

 ふるさと納税のメリット!

メリット① その都市や地域からの特産品をお礼としていただけます

選ぶことで、ギフト券や宿泊券などと、果物、その土地の名産お酒なども頂くことが出来ます。

メリット② 税金が控除され節税となる。

寄付金の一部は、その年の所得税と、翌年度の個人住民税は控除されることになっています。

節税にもなりますのでお得に寄付をすることが出来ます。

控除上限額の範囲内であれば、2,000円を超える金額が控除また寄付されますから

貴方の自己負担は、2,000円で済みます。

メリット③ 貴方の故郷、または、応援したい地域を自由に選ぶことも出来ます。

ご自身のふるさと、または、その土地に思入れがある地域を選んで応援することが出来ます。

メリット④ 寄付金の用途を選べる

ふるさと納税は故郷や、地域を選べるだけでなく、寄付金の使い道も選ぶことが出来ます。

特長としては子育て支援、医療や福祉、分解剤の保護、環境保全んど

貴方がぜひこれをお応援したいと思う活動を選ぶことが出来ます。

メリット5 複数のの地域を選ぶことが出来る。

ふるさと納税は、どこか一つ」の地域でなく、複数の地域に寄付をすることができ、複数の

地域に寄付をしても、払う自己負担は20,00円です。

色んな地域からのお礼の返礼品がもらえるので楽しい制度です。

モデル例

CASEA

個族構成

独身

年収

400万円

ふるさと納税の控除上限額:42,000円

寄附金総額:40,000円

寄附先:①北海道 壮瞥町

②静岡県 湖西市

③秋田県 仙北市

④山梨県 山中湖村

寄附金の用途:

①火山との共生の取り組み

②未来を担う子どもたちや青少年たちのために

③観光を軸とした交流のまちづくり事業

④自然環境に対する取り組み

実質自己負担金額:2,000円

SASEA もらえる返礼品

DASEB

家族構成   世帯年収

夫(会社員) 700万円

妻(会社員)

長男(16才)

ふるさと納税の控除上限額:86,000円

寄附金総額:85,000円

寄附先:

①北海道 洞爺湖町 ②静岡県 藤枝市 ③沖縄県 竹富町

④山形県 山形市 ⑤福島県 泉崎村 ⑥茨城県 大子町

⑦長野県 須坂市 ⑧北海道 倶知安町

寄附金の用途:

①育英資金事業

②総合運動公園の整備(オリンピック・サッカー競技の合宿候補会場)

③自然環境の保全に関する事

④世界に誇る健康・安心のまち「健康医療先進都市」の実現

⑤地域づくりの推進

⑥こども宝プロジェクト推進

⑦北海道新幹線倶知安駅及び駅周辺整備に関する事業

⑧自治体におまかせ

実質自己負担金額:2,000円

世帯構成と年収によって控除限度額が違ってきます。

サイトの中に便利なシミュレーションツールが有りますから簡単に計算が出来ます。

ふるさと納税においては、住民税、地域や年収で計算が変わります。

上限金額を超えて寄付をされますと、あなたの支払う自己負担金が2,000円を超えてしまいますので

計算はしっかりやっておくことがお勧めです。

ふるさと納税で、実質2,000円で家族と旅行に行こう!

気候の良いいい天気になりましたら、家族で旅行などはいかがでしょうか?

ふるさと納税で、実質2,000円から家族そろって旅行を楽しめられます。

宿泊料金15,000円のホテルに宿泊しても実質2,000円

ホテルや旅館で温泉につかってゆったりとくつろげます!

温泉で一杯頂くのは格別においしいです!

15,000円点の割引クーポンを返礼品をもらって希望のホテルに宿泊できます。


3つのお勧めです。

❶ 憧れの高級ホテルや旅館などにオンライから申し込み

(自治体により選べるエリアがいかなります。)

❷ いつでも使える、年間いつでも好きな時に使うことが出来ます。

 (有効期限:クーポンに交換してから1年)

❸ 制限なしです。申し込み制限、旅行同伴者にも制限は有りません

  人数制限は無いので、家族と一緒に旅行を楽しめます。

 (条件は、寄付本人が予約することだけです。)

 このチャンスを逃がさないで実質2,00円で家族と旅行を楽しんでください。

公式サイトから迷うことなくスムーズに手続きが出来ます。

ふるさと納税で、実質2,000円から家族と一緒に旅行に行けます。 ふるさと納税で、実質2,000円から家族と一緒に旅行に行けます。

ふるさと納税の仕組みと流れ

ステップ 1

寄付をするzっ地帯を選んでから申し込みをする

ステップ 2

寄付金の受領証明書とお礼を受け取る

ステップ 3

確定申告をする

ステップ 4

控除・寄付を受け取る

5               ふるまる申込み

計算は少し面倒ですが計算例を書いときます。

寄付上限金額

ふるさとの納税のメリット

寄付した分だけ税金が向上される

寄付金額 =住民税所得割の20%

÷(100%-10%-所得税

+ 2,00円

例 所得が200万円の場合

寄付金額=200万円×2%÷100%-10%-10%+2000円

=40,000万円÷(80%)+2,000

=40,000÷(0,8%)+2,000円

=50,000円+2,000円

=52,000円

ふるまるのサイト内には簡単に計算できるツールも有りますから利用してください。

お支払方法

各クレジットカードとコンビニ決算もご利用できます。

お礼品の発送は地域や産地によっていかなってきます。

発送日の記載のない商品は2週間~1か月後のお届けになります。

明細は、公式サイトからご覧ください。↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト