PR
 

ガス屋の窓口:LPガス料金を更に安く使用出来ます。

最近、ガス料金の値段も上昇してきていますね、そのうえ消費税が10%になってから更に高く感じてきています。ガス料金は、季節の変わりめに変化したり、家族の人数によっても変わっていきます。しかし、同じガス料金を払うのなら少しでも安くしたいと考えるのは誰も同じではないでしょうか?それが出来るんですよ、安く出来る方法が、しかも電話一本から正確な値段と一番オトクなガス会社を見つけることが出来ます。

介護職検索

LPガス、今の料金より更に安くできます。

最近は、原油の価格も上がってきてからガスの料金も昔に比べると上がってきています。ガスの料金は季節によっても変動して、冬場なら1万5千から1万9千の間です。

夏場なら風呂と台所を使っても7千円前後ぐらいです。家族の人数が多い家庭などは、それでなくてもお金がすごく掛かります。細かい目に見えない出費も月にしたら大きいですよね。

光熱費は少しでも抑えられると子供に回すことが出来ます。ガス料金も今支払っている料金より安く出来ることをご存知でしょうか、もし考えられていましたら、少し説明させていただきます。少しでもお役にたてれば光栄です。

どうしてガス料金は高いのですか?

プロパンガスが高い理由は大きく分けて3つの理由があります。

都市ガスお場合でしたらガス管が引かれているので契約を交わした後は自動で供給されていきます。プロパンガスの場合は、どうしてもガスボンベを運ぶための運搬費用と人件費が掛かってきます。

後は、プロパンガスを通すための補給設備ですが、これは無料で提供してくれる地域が多いです。どうして補給設備が無料で提供するのか?

その理由は、こうです。設備費や工事に関わる人件費などが上乗せしているからです。

すべては、ガスを使ってもらうための前提として無償対応しているわけです。

LPガスの自由化

プロパンガスの料金は自由化になっていおり、それぞれの会社によってガス料金も自由に設定できる仕組みになっています。中には、都市ガスと同じように勝負してくる会社もあり、ライバルがほとんどいない地域では独占状態になっている地域では高めの料金設定になっている会社もあります。

プロパンガスの料金は自由化になっていおり、それぞれの会社によってガス料金も自由に設定できる仕組みになっています。中には、都市ガスと同じように勝負してくる会社もあり、ライバルがほとんどいない地域では独占状態になっている地域では高めの料金設定になっているガス会社もあります。

プロパンガスの自由料金はガス会社によって値上げも値下げも自由ということになります。原料も高騰しているため毎年値上がり状態になっているためプロパンガスの値段も下がりにくくなっているのが現状ですが、ガス会社は数多く存在しているので自由にガス会社との契約を交わすことが出来ます。

原料費調整制度について

都市ガスやLPガスの原料には液化天然ガス(LNG)や液化石油ガス(LPG)が利用されています。こうしたガスの原料費は、原油価格の動向や為替レートの動きによって大きく変動するため、ガス料金もその影響を受けて上下に変動します。そのため、都市ガスには「原料費調整制度」があり、原料費の変動に応じて基本料金に加算、または差し引いてガス料金を計算しています。また、原料費が高騰した場合も調整額に上限を設定しており、著しくガス料金が高くなることを抑制しています。一方で、LPガスは販売店が自由に料金を設定できるのでこうした制度はなく、ダイレクトに基本料金や従量単価に反映されます。

引用:価格Com

プロパン会社を選べるということは、値段も自由に選べることです。知らない人は、不当な料金をガス会社に払うことになります。

料金の開示

プロパンガス会社は料金の開示している所が多いので適切な料金がわからないため

他のガス会社との比較が難しくなっています。

LPガス具体的な計算例

LPガス(プロパンガス)の料金体系は、各ガス会社によってさまざまですが、ここでは最も多くのLPガス会社が採用している「二部料金制」と言われているものをご紹介しましょう。「二部料金制」は、最もシンプルでわかりやすい料金体系で、前述した都市ガスの「一般料金」と考え方は同じです。つまり、毎月定額の「基本料金」と、実際に使用したガス量に1m3あたりの単価を乗じた「従量料金」を合計したものです。

ガス料金は、月ごとのご使用量に応じて一定額お支払いいただく「基本料金」と1m3あたりにお支払いいただく「従量料金」を合計した金額です

LPガス市場はすでに家庭用も含めて自由化がスタートしており、ガス料金への規制はなくLPガス会社が独自に決めることができます。複数のLPガス会社が競い合っている地域もあれば、特定の1社が独占的に販売を行っている地域もあり、基本料金や単価(LPガス1m3当たりの価格)はまちまちで、基本料金は1,500円~2,000円、単価は500~900円程度と思われます。ここでは、基本料金が1,700円で従量単価を642円、ガス使用量が10m3の場合の料金を計算してみましょう。

引用:価格Com

LPガス(プロパンガス)と都市ガスの料金計算をする前の注意点

LPガスは都市ガスと比べて熱量が高いという特徴があります。都市ガス1m3あたりの熱量は約11,000kcal/時なのに対してLPガスの熱量は約24,000kcal/時です。

そのため、もし仮にお引越しをするなどして、現在お使いのLPガスから都市ガスに変わる場合の料金計算をする際は、都市ガスの使用量をLPガスの2.2倍として試算しましょう。

ガス料金 = 基本料金 + 単位料金 × ガスご使用量

=1,700+642円×10m3
=1,700+6,420円
8,120円

引用:価格Com

ガス料金が、いくら安くなる?知りたい方は自動料金診断 ↓

プロパンガスは、一つ最高の利点ががあります。

災害になったとき都市のガス管が破裂して使用ができないときにはプロパンガスならガスが普通に使えます。ポンべの予備があれば火を使うことには困ることはないです。

当社サービスについてのご案内です。


貴方もプロパンガスの料金でこんなお悩みがありませんか?

  • プロパンガスの料金が高い
  • 毎月のガス代を安くしたい
  • カス料金を値上げされた
  • 新築した家のガス会社を探している
  • 戸建への引っ越しで、安い会社を選びたい
  • 現在利用しているガス会社の対応が悪い
  • その悩みをガス会社を変えるだけで解決ができてしまうんですよ!

ガス会社の窓口が90000世帯から選ばれた3つの理由があります。

まずは、簡単な無料相談から試してみて下さい。

最初は、ガス会社を変えるだけでどれだけ安くなるかを知っていたほうが良いです。

今は、必要ないかと思っても、何年か先は必要になる時もあります。見積もりは無料です。

         皆様のガス料金が安くなります!

ガス会社の変更の流れは下の動画を御覧下さい。

ガス会社変更の流れ3ステップ

① 電話で当社の専門スタッフにお問い合わせ
プロパンガスのことなら何でも気軽に相談できます。

ガス会社の料金の提案

お客様のご相談内容を元に最適なカス料金とガス会社のご案内

② ご確認・依頼

当社からご提案内容の確認をいたします。即日ガス会社の手配

ガス会社の手配

当社からガス会社に連絡して手配をします。ガス会社からお客様へと連絡をしてから申込日の調整をします。

ガス会社から自宅まで訪問します。

お客様とガス会社に相談された日程に訪問します。

③ 申し込み

ガス会社の担当の方が自宅に訪問してから
お申し込み書類の署名捺印をいたします。

現在使用されているガス会社へ解約手続き

申し込まれた書面を元にご利用されていたガス会社へ解約の通告をします。

ガス会社の変更工事

後は、ガスメータとガスボンベの取替で簡単な工事で完了します。
最短7日で全ての切り替え工事が完了します。

永久監視保証と返金保証

2つの保証でず~~~と安心です

  • しかも永久的に料金保証と返金保証の2つのダブル保証で名が~~~く安心です。
  • もし、ガス料金を変えると不安や心配を感じられるかたへ、
  • 地域最安値と言ってもどうせ値上がりするのでは料金の安いガス会社はサービスが悪い
  • 携帯会社と同じで2年縛りが有るのでは?
  • 少し手続きが面倒でないかしら
  • 緊急時の対応はどうなの
  • メリットばかり書いてあるから信用できないのでは・・
  • みんなが心配や不安もガス会社の窓口が全て解決してくれんます。
  • 当社がご案内するガス会社は、大手優良のガス会社のみです。
  • 永久料金換金保証」で浮浪値上げを永久に防ぎます。

ガス料金がいくら安くなる?自動料金診断へガス会社変更0円

ラジオCM 放送中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト