PR
 

政府からの緊急事態宣言後には何が変わった?  

Amazon

政府が、令和2年4月7日に緊急事態宣言を発令をしてから一週間になりますが、その後どう変わってきたでしょうか、緊急事態宣言は、あらゆる法律の元で吟味されながらあらゆる法的対策を整備します。すでに一週間立ちましたが、未だにコロナウイルスの感染は、広がっているようです。医療機関でもかなりの混乱で人口呼吸器が不足していることで医療も難航しています。

介護職検索
感染予防マスク
コロナ対策感染予防の協力お願いします。

令和2年4月7日に政府からの緊急事態宣言後には、一体何が変わったの?

政府からの緊急事態宣言後には、コロナウイルスの感染は歯止めの掛からない状態になってきているのです。政府からの各事業者、諸規模の店舗に対して自粛要請の要請で各店舗の事業者や諸規模の事業者に対して、自粛要請で保証内容は、まだ明確にされていないのが現状です。

政府が、自粛要請の要望があるときは、各、事業者、諸規模の店舗に対して保証とワンセットでないと諸規模の店舗などは、完全に倒産の道をあ歩むわけです。事業者には200万円の救済金を出すと言われていましたが、事業者店舗の代表者からは、

いつの話になるのかまったく分からない、200万円の保証金では、どうにもならない、毎日、毎月目の前のお金は確実に必要となってきます。政府に対しての怒りの声が爆発している最中なのです。

政府がデスクの上でのああではない、こうでもないと言うような感じで、言ってることとは、まったく逆でではないの、そんな話もよく出てきています。

今では、諸規模事業者は、コロナウイルの影響で5社のうち一社は確実に倒産しているのです。生産することも出来ず、お客様がお店に来てお金を使うことさえ出来ないのですから、どうしてもお店はやっていける訳がないです。

政府の言うことは、まったく当てにはならない、不満の声が続出しているのです。政府は、ちゃんと、事業者や小規模の事業者の生活を、本当に真剣に考えてくれているのでしょうか?もちろん家族や幼い子どもさんも抱えているんですよ・・・子供も可愛そうな状態です。

その人達の生活の不安や子供たちの事を少しは考えてあげてもいいのです。確かに、政府も今の、コロナ対策に大変なのは、分かっています。

しかし、政府が、最初の的確な対処を確実に出来ていないのが、今の日本の姿なのです。会社や、企業の自粛要請で仕事のできない家族に対して、30万の給付金を出すと言っていたのですが、あまりにも条件が多いです。

多すぎですね。本来貰えそうな家族に対してもらえないのではないのかと言った状況です。色々な条件ばかりつけないで、本当に支給する気が有るのなら、的確な対処打ち出すことが今の市民は求められているのではないでしょうか?


今では、東京都内や、各医療機関では、医療崩壊寸前のパニック状態に陥っています。あまりにも、コロナウイルスの、感染の規模が多すぎてから検査もできない方もおられます。人工心肺も足りない、医療用の備品やマスクが

不足して医療期間にも十分に回っていない、かなり深刻の状態なっています。地球規模の感染拡大ですからこのままでは、本来守ることのできる事が全く守る事もできない、子供たちも、不安な状況の中で勉強はしなければならない、ほぼパニックの状態です。

ほんの数ヶ月前では、全く考えもつかなっかたです。しかし、子供さんや家族がおられるのですから、歯を食いしばって、何とか踏ん張るしか無いのです。皆さん頑張りましょう!

今では、何よりも一番怖がっているのは子供たちです。大の大人さえ怖いのですからどうしようもないです。それでも子さんの不安を少しでも暖かい愛情で取り除いてください。子供は、大事な宝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

本物のギフト
プログラミング